商品開発担当者の想いを込める

●新しい商品を世の中に送り出し、また売るためには、開発担当者が想いを込めることは何より欠かせません。社内の様々な意見や提案を乗り越え、また、流通での意見や消費者の意見にも屈しないような商品を作るための要素のひとつです。

●商品開発担当者が、誰かに言われたではなく、自身で作りたい商品であるかを納得いくまで考えることが重要です。例え、トップダウンの企画であっても、やらされているという気持ちではなく、自身で考え、その企画を自分事とし、自分のものとすることが必要です。そのための方法論に、正当法はありませんが、担当者がモチベーションを高めるための普段からの社内でのコミュニケーションや、権限委譲等も影響がありますので、社内における仕組み等のそのための体制作りも重要です。

商品開発フロー

●商品を企画する初期段階において、担当者が『いま世の中で何が求められているか』、『価値を創出するポイントは何か』等、アイディアの元となるものを抽出したり、それらから市場機会の仮説を抽出したり、担当者自身が新しいアイディアや面白いと思えるアイディアをひらめいたりする段階。

●単なる『思いつき』や『個人の思い込み』ではなく、生活者の意識調査や実地調査、外部環境、競合状況などのファクトデータに基づき、考えることが重要です。さらに、この段階では、コスト等の制約条件や、過去の考えに固執することなく、ゼロベースで、客観的な視点で考えることで新たな気づきが得られます。一方で、ファクトに基づいて抽出されたものであれば、過去に自社で失敗したケースや検討したものに該当するアイディアであっても、その可能性をつぶさず、失敗や検討を中止した理由を理解したうえでアイディアの採用・不採用を検討します。この段階で早めに、上司を巻き込んでおくことも、その後のステップを確実に進めるためのポイントとなります。


【IDEA WORKBOOK式『チーム・アイディア力』トレーニング】サービスも行っております。詳細はこちら

周辺情報調査

・ニーズ探索
(現場調査、アンケート、
市場変化調査 etc,.)
・ターゲット調査
・特許動向調査
・競合動向調査
・市場規模動向調査
・ブランド調査
・SNS調査

将来予測

・トレンド情報収集
(雑誌、TV、Web)

データの読込

・調査結果の読込
・深掘り

狙いを決める

・目的の共有、確認
・作りたい商品をチームで共有する

案出し

・コンセプト案出し
・チーム議論
・事業ミッション確認

●企画のアイディアを、ベネフィットを明確にし、コンセプトとして明文化したり、具体的なターゲットを明らかにしたり、機能を具体化して、商品開発に携わる関連部門と具体的な同じイメージを持てるようにすること。

●アイディアをできる限り具体化することが重要です。商品開発は、アイディアが決定したら、提案まではそのアイディアを中心とした仮説検証の繰り返しです。最初のアイディアの段階は、仮説でも良いので、商品像を具体化するようにします。その具体像があることで、関連部門と同じ方向を向いて検討ができ、且つ、仮説検証時に明確な調査設計ができ、結果も明確になり、軌道修正もしやすくなります。初期段階から完璧なアイディアにこだわる必要はなく、如何に、具体化するかにこだわります。その段階で具体化できないアイディアは商品開発の検討プロセスにのせないという判断も重要です。また、ストラクチャとして整理することが一般的ですが、初期段階は、文章のみではなく、絵でも良いので、周りに具体的なイメージが伝わる努力をします。

上市目的の共有

・経営計画の確認
・チーム議論

事業ポートフォリオ決め

・ブランドポジション議論
・中期PPM戦略

コンセプト決め

・コンセプト受入性調査
・グループインタビュー

ターゲット決め

・ターゲット調査
・グループインタビュー
・チーム議論

ブランドコンセプト決め

・コンセプト受入性調査
・グループインタビュー
・チーム議論

ベネフィット決め

・グループインタビュー
・チーム議論

●商品を生活者にどのように伝えるか。パッケージ、広告宣伝、ポスター等において、商品のメッセージや言葉の強弱について、商品コンセプトやターゲットインサイト等に合わせて開発すること。

仮説検証

・コンセプト受入性調査
・価格受入性調査
・パッケージ調査

ユーザビリティ確認

・容器形状
・容量
・アイテム
・使用方法
・安全性

製造検討

・原料調達
・製造方法
・製造場所
・容器金型
・充填方法

最終確認

・最終品確認(受入性)
 ・コンセプト
 ・機能
 ・価格
 ・ユーザビリティ

製造投資試算

・製造場所
・製造ライン改造有無

提案内容整理

・上市目的
・売上目標
・商品内容
 ・コンセプト
 ・実物
 ・受入性結果
・投資金額
・スケジュール
・販促施策
・広告施策
・キャンペーン

生産

実績検証

・売上確認
・シェア確認
・購入者追跡調査
・ブランド認知調査
・競合動向調査
・CM認知調査

プロモーション連携

・CM効果測定
・戦略PR連携
・ソーシャル連携
・プロモーション企画

※一部他社と協業の上実施。

顧客作り・育成

・販売計画見直し
(上方、下方含む)
・顧客満足度調査
・KPI設計
・顧客づくりシナリオ
・商品改善提案