株式会社フィンチジャパン

KANAREA(カナエリア)
「地域の願いを、事業に育てるオープンイノベーションメディア」をオープン 

株式会社フィンチジャパン(本社:東京都港区、代表:髙橋広嗣)は、「地域の願いを事業に育てる」をテーマに、地域の課題に日々取り組む方々に気づきを提供し、オープンイノベーション2.0に特化したメディアをオープンいたしました。

KANAREA(カナエリア)
http://kanarea.jp/

自治体や各地域の団体、社会起業家等のリーダーたちに地域の課題への取組みを発信し、地域の新たなつながりを築き、継続的な活力をもたらす気づきの提供をめざします。

 

■メディアの運営について

当社は、日本ユニシス等と国立研究開発法人情報通信研究機構(以下 NICT)からの受託研究事業「メッシュ型地域ネットワーク(以下NerveNet(ナーブネット)(※注1)のプラットフォーム技術の研究開発」(以下 本委託研究)において、メッシュ型地域通信ネットワーク(以下 NerveNet)の委託研究を行っています。

今回のメディアは、本研究のアウトリーチ活動の一貫として、弊社が情報発信および運営を行います。

※注1)
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発したNerveNetは、従来の携帯電話や固定電話と異なり、各基地局のサーバーに情報を持ち、かつ基地局同士が網の目のようにメッシュで接続されます。また、自動経路生成機能を持つことで、回線が切断されても分散配置された別のサーバーからサービス提供を継続でき、地域通信ネットワークの耐災害性を向上します。現在実証実験を行っており、行政サービスの向上や地方創生の実現を目指します。

<お問合せ先>
株式会社フィンチジャパン 広報担当宛
03-6426-5011 / info@kanarea.jp

 

Comments are closed.